手や腕、体に対する効果は?~美白クリームによくある質問

手や腕、体に対する効果は?~美白クリームによくある質問 いきなり結論ですが、フェイス用の美白クリームはあまり体には使わないほうがいいです。理由はコストパフォーマンスが悪いからです。


手の甲の美白に使うレベルであれば顔に使うのとそれほど変わらないと思いますが、腕や足、ひじやひざの黒ずみといった部分に塗ることを考えているのであれば、費用対効果が悪すぎると思います。


お金に余裕があるのならそうした美白クリームを贅沢に使うのもいいと思いますが、そんな人は稀だと思います。


個人的には角質ケアや保湿を頑張って肌を柔らかくして肌の新陳代謝を促すようにしたほうがシミや黒ずみは目立たなくなっていくような気がしますがどうでしょうか?


手や腕、体の美白を考えた時、やはり最優先して考えることは予防です。できるだけ肌を露出しないようように気をつけて、露出する場合はボディ用の日焼け止めをしっかり塗るようにしてください。


普段から紫外線への抵抗力を高めるべくビタミンCを大量に摂取して抗酸化体質にしておくのも効果的ですし、スキンケアとしてはハトムギ化粧水を使って肌の露出部分をケアしておくのも効果的だと思います。ハトムギ化粧水は安いので体用にたっぷり使えると思いますよ。


理論的には手や腕、ひじやひざなどに使っても美白クリームの効果は実感できると思いますが、費用対効果を考えると別の方法を考えたほうがいいというのが美白委員会の見解です。


狭い範囲ならアリだと思います。 美白クリーム<Best3>はコチラ

【人に聞けない】デリケートゾーンに美白クリームを塗るのはどうなの?

デリケートゾーンに美白クリームを塗るのはどうなの? おそらくデリケートゾーンが黒ずんでいるという人はその部分の皮膚が周辺の皮膚と比べて厚くゴワついていると思いますがどうでしょうか?


これは生体防御機能の一つで、大事なところゆえ刺激に対して皮膚が傷つかないよう強くなっているためです。 一般的な日本人であれば黒ずんでいるのが普通です。(※もちろん黒ずんでない人もいますが...)


こうした体質的な黒ずみに加えて、さらに摩擦などの刺激で角質がブ厚くなったり、色素沈着が濃くなっているというケースもあります。


例えば日本人女性の多くはアンダーヘアを残していると思いますが、アンダーヘアがあるとムダ毛の自己処理をしなくてはならなかったり、下着との摩擦が増えるのでより黒ずみが起きやすくなるんですね。 こうした摩擦や炎症による色素沈着であれば理論的には美白クリームを塗れば改善できるはずですが、元の皮膚の色が浅黒いのであまり実感はないというのが実際のところです。


というわけで、デリケートゾーンの美白を考えるならば地肌がそもそも黒いということや粘膜部分に触れてしまうリスクもあるということであまり美白クリームを使ったケアはおすすめできません。 それよりもVIO脱毛してツルツルにして摩擦を減らしてあげるほうがデリケートゾーンの美白には有効なのではないかと思います。


よくあるデリケートゾーン専用の美白クリームなどはイメージだけで肝心の美白成分が入っていないケースがよくあるので成分表示はきちんと確認するようにしてくださいね。少なくともそうしたクリームが顔用のクリームより美白効果があるとは思えませんが。


美白クリームは顔に使うのが一番効果的! <Best3>はコチラ
Copyright © 2014 保湿力のある美白クリーム<Best3>~From 美白委員会· All Rights Reserved·